Go Conference 2019 Spring参加記録

May 19, 2019

Go Conference 2019 Springに参加してきました。

はじめに

Go Conference 2019 Springに参加してきました。
発表会資料まとめはこちら

Sessions(general)

参加した一般セッションの一覧です。

Case studies of designing developer friendly libraries

@izumin5210さんのセッション

Better asset bundling tool than the best

@shibu_jpさんのセッション
Better asset bundling tool than the best

Goによる外部プロセス起動ベストプラクティス及びtimeoutパッケージ徹底解決

@songmuさんのセッション
Goによる外部プロセス起動ベストプラクティス及びtimeoutパッケージ徹底解決

Design considerations for container-based Go applications

@hgsgtkさんのセッション

Expand observability in Go

@ymotongpooさんのセッション
Expand observability in Go

GoでAPIサーバをはやくつくる

@juntakiさんのセッション

JavaプログラムをGoに移植するためのテクニック――継承と例外

@makki_dさんのセッション

Implementing Quota as a Service

@nasa9084さんのセッション

Sessions(Sponsors)

Sponsorsセッションの一覧です。

Sessions(LT)

LTセッション一覧です。

Sessions(未参加)

まとめ

前回、前々回のGoConはスライドをしか見ていないという前提での比較だが、今回は実践的な内容が多かった気がする。
参加セッションでは、以下のキーワードが共通して出ていたと感じた。

  • gRPC
  • ドメイン駆動設計(DDD)
  • クリーンアーキテクチャ
  • エラーハンドリング
  • context.Context
  • コード生成

コード生成や静的解析といった他の言語で敷居の高いこと(要出典)が、割と簡単に出来てかつプロダクションで活用されている感じがあった。
Goは現場でしばらく使う予定はないが、セッションで気になったところは、手を動かして試しておきたい。


Categories:
Tags: